もったいない本舗 人気の本、漫画、映画、アニメ、音楽情報をお伝えします。

映画『インクレディブル・ファミリー』新たなミッションと前作のおさらい

【2018年8月1日公開】ディズニー/ピクサー発の人気アニメーション映画『Mr.インクレディブル』に続編が登場!映画『インクレディブル・ファミリー』の見どころは?あらすじや吹き替えキャスト、前作のおさらいなど、本作をより楽しむための情報をまとめてお届けします!

スーパーヒーロー姿の親子

ヒーロー一家、再び!映画『インクレディブル・ファミリー』

『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』など、数々の名作CGアニメーション映画を生み出してきたディズニー/ピクサーから、新作映画の情報が解禁されました!タイトルは『インクレディブル・ファミリー』。2004年に公開された映画『Mr.インクレディブル』の、ファン待望の続編となります!

前作『Mr.インクレディブル』の公開から約14年の月日を経ての新作ということで、期待が高まっているファンの人も多いことと思います。今回はスーパーヒーロー家族インクレディブル・ファミリーに、いったいどんなミッションが待ち受けているのでしょうか?

映画『インクレディブル・ファミリー』詳細情報


タイトル:『インクレディブル・ファミリー』(原題:『Incredibles 2』)
監督・脚本:ブラッド・バード
製作:ピクサー・アニメーション・スタジオ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
製作国:アメリカ合衆国
アメリカ公開日:2018年6月15日
日本語吹替キャスト:三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、高田延彦 他

新たなミッションは…主夫!?『インクレディブル・ファミリー』あらすじ

今作の最初のシーンは、前作『Mr.インクレディブル』を観た人ならば予想がつくかもしれません。とあるキャラクターとの決戦を前にしてエンディングを迎えた前作を受け、今回はその決戦のシーンから物語がスタートします。

《『インクレディブル・ファミリー』あらすじ》

世間を大混乱させた事件を解決し、普通の日常に戻ったパー一家。

しかし、とあることをきっかけにヒーロー活動をふたたび始めることになった妻・ヘレンに代わり、ボブは子どもたちの世話をすることに!家事・育児という超難関ミッションには、スーパーヒーロー・Mr.インクレディブルも大苦戦?

そんな中、新たな敵の登場によって、人々が心を操られてしまう事件が発生。ヘレンの危機を察知したボブたちは、スーパーヒーローとしてヘレンの救援に向かう!インクレディブル・ファミリーは見事ヘレンを救い出し、世界に平和を取り戻すことができるのか!?


今作は、スーパーヒーロー兼みんなのお母さんのヘレンにスポットライトを当てたストーリーになっているそうです。どんなお話になるのか楽しみですね!

そしてパー一家にとっては能力が“未知数”である末っ子・ジャック=ジャックの秘められた能力がついに明かされる——?ポスターにはMr.インクレディブルに抱えられて目からビームのようなものを出すジャック=ジャックの姿が!前作『Mr.インクレディブル』ではその能力で陰ながら家族を救うファインプレーを見せたジャック=ジャック。「能力が未知数の赤ちゃん」というと強大なパワーを秘めているのがある種のお約束ですが、今作ではどんなスーパーパワーを披露してくれるのでしょうか?

豪華キャストにも注目!日本語吹き替えキャストは?

ストーリーも映像技術も非の打ちどころのない名作『Mr.インクレディブル』ですが、前作公開時には日本語吹き替えキャストの豪華さも話題になりました。今作『インクレディブル・ファミリー』でも、主要キャストはそのまま続投とのこと!さらに今作から新たに追加されたのは、女優の小島瑠璃子さんとお笑い芸人のサンシャイン池崎さん。小島さんはイラスティガールにあこがれを持つ女性ヒーロー・ヴォイドを、サンシャイン池崎さんはMr.インクレディブルたちとともに活躍する電気を操るヒーロー・へレクトリクスを演じます。

いまだ吹き替え版キャスト情報が公開されていないキャラクターも多いですが、10年以上経ったのちの新作でも当時と同じキャストが声を当ててくれるのはファンとしては嬉しい限りですよね。新たにインクレディブル・ファミリーに加わったお二人の演技にも期待です!

キャラクター 英語キャスト 日本語キャスト
イラスティガール /ヘレン・パー ホリー・ハンター 黒木瞳
Mr.インクレディブル /ボブ・パー クレイグ・T・ネルソン 三浦友和
ヴァイオレット・パー サラ・ヴォーウェル 綾瀬はるか
ダッシュ・パー ハック・ミルナー  
フロゾン /ルシアス・ベスト サミュエル・L・ジャクソン  
エドナ・モード ブラッド・バード  
リック・ディッカー ジョナサン・バンクス  
ウィンストン・ディーヴァー ボブ・オデンカーク  
エヴリン・ディーヴァー キャサリン・キーナー  
ヴォイド ソフィア・ブッシュ 小島瑠璃子
へレクトリクス   サンシャイン池崎
アンバサダー イザベラ・ロッセリーニ  
アンダーマイナー ジョン・ラッツェンバーガー 高田延彦

【名作!!】前作『Mr.インクレディブル』のおさらい

《『Mr.インクレディブル』あらすじ》

ヒーローがヒーローでなくなった時代。

救助活動による弊害で民間人から訴訟を起こされるなど、スーパーヒーローたちに対する世間の風当たりが強くなり、ついには政策によってすべてのスーパーヒーローたちは引退することになった。主人公のヒーロー“Mr.インクレディブル”ことボブ・パーやその妻ヘレン・パーもその一人。

引退後は会社に勤めながらこっそり人助けを続けるボブだが、ヒーロー引退から15年後、「Mr.インクレディブルの力が必要」と言う謎の女性・ミラージュから突如として依頼が舞い込む。頻発していた元ヒーローたちが次々と姿を消す事件にもどうやら関係があるようで・・・?ボブの因縁の強敵に、ヒーローファミリー・インクレディブル一家が家族団結して立ち向かう!


2004年公開。アカデミー長編アニメ映画賞、アカデミー音響編集賞、アニー賞全10部門など、数多くの賞を獲得し、世界的に評価されている名作アニメーション映画です。

一見すると典型的な「アメコミヒーローもの」のようですが、「ヒーローは迷惑、不要」とされている世界観というのが斬新ですよね。しかも主人公だけでなく、その妻や3人の子どもたちも皆スーパーパワーを持ったヒーローであるというのも面白い設定です!

そして家族それぞれの能力もかなり個性的。
強靭な肉体と驚くべき怪力をもつ父、ボブ(Mr.インクレディブル)
ゴムのように伸縮自在な肢体をもつ母、ヘレン(イラスティガール)
自らを透明にしたり、強力なバリアを張ったりする能力を持つ長女、ヴァイオレット
水の上を走れるほどの超スピードで走ることができる長男、ダッシュ
能力は未知数・・・?家族のアイドルである次男、ジャック=ジャック

それぞれの力が組み合わさって、思いもよらないようなアクションや問題解決が見られるのが本当に面白い!!パー一家以外のスーパーヒーローたちもかなり個性的な能力を持っているので、ご視聴の際はこちらにもぜひ注目してみてください!

ピクサー作品といえばおもちゃや魚や車、ロボット、モンスターなど、人間以外のものにスポットライトを当てた作品が多かったですが、そんな中で『Mr.インクレディブル』はピクサー史上初の人間社会を描いた作品となっています。コメディシーンも感動シーンも、最先端のCG技術を駆使した“魅せ方”はさすがピクサー。キャラクターの表情ひとつからも感情がひしひしと伝わってきて、「アニメ映画だから…」と敬遠するにはもったいなさすぎる作品になっています!

映画ファン、ピクサーファンの間でもかなり評価の高い『Mr.インクレディブル』。ヒーロー家族が巻き起こす笑いあり涙ありバトルありのストーリーは、お子さんはもちろん、大人が観ても楽しめること間違いなし!!まだ観たことがないという方は、ぜひこの機会にご覧になって、来たる『インクレディブル・ファミリー』の公開に備えましょう!

まとめ

前作『Mr.インクレディブル』が公開されてから最新作『インクレディブル・ファミリー』が公開されるまでに、10年以上の時が経ちました。もしかしたら、昔大好きだった『Mr.インクレディブル』の続編を、自分の子どもと観ることができる!なんて人も少なくないかもしれませんね。

『Mr.インクレディブル』は人気作品だけあって映画以外にもノベル、ゲーム、絵本など、様々な媒体で楽しむことができるので、『インクレディブル・ファミリー』の公開が待ちきれない!という方にはこちらもおすすめです!

映画『インクレディブル・ファミリー』は2018年8月1日より日本公開スタートです!夏休み真っ盛りの中での公開となっておりますので、お子さんも学生さんも社会人の皆さんも、ぜひ劇場に足を運んでみてくださいね!

▲ページ上部へ