もったいない本舗 人気の本、漫画、映画、アニメ、音楽情報をお伝えします。

『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』のストーリーと『HiGH&LOW』の魅力とは?

【2018年9月28日公開】EXILE HIROプロデュース『HiGH&LOW』シリーズ最新作!『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』のあらすじは?『HiGH&LOW』のストーリーと魅力、おすすめの鑑賞順も合わせてご紹介します!

2台のバイクの後ろ姿

人気シリーズ『HiGH&LOW』にスピンオフ作品が登場!今回の主役は…?

ファンの間では「EXILE界の神話」「国産の海外映画」「実質マッドマックス」などといったパワーワードも飛び出す『HiGH&LOW(ハイアンドロー)』。EXILE・HIROさんがプロデュースする総合エンタテインメント作品として、さまざまな媒体でメディアミックスされている今もっとも勢いのある超人気コンテンツです。

そんな『HiGH&LOW』シリーズに最新作が登場!映画第5作目、スピンオフ作品では3作目となる映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』は、お馴染みの「SWORD」のトップたち…ではなく、ダン・テッツ・チハルを中心としたキャラクターたちによるハートウォーミングな青春ムービーとなっているそうです。一体どんなストーリーなのでしょうか?

映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』詳細情報



公開日:2018年9月28日(金)
企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:平沼紀久
脚本:渡辺啓、福田昌平、上條大輔、平沼紀久
音楽:ANOTHER Litz
製作総指揮:今村司、山田克也、森雅貴、森広貴
エグゼクティブプロデューサー:伊藤響、八木元、関佳裕
プロデューサー:藤村直人、植野浩之、木口洋介
企画制作:HI-AX
制作プロダクション:イメージフィールド
製作著作:「HiGH&LOW」製作委員会
配給:松竹
キャスト:山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹 他
主題歌:DOBERMAN INFINITY『YOU&I』
オープニングテーマ:EXILE SHOKICHI『Futen Boyz』
挿入歌:BEPPING SOUND feat. HIROOMI TOSAKA『HONEST BOYS®』

ダン・テッツ・チハルが主役に!『DTC -湯けむり純情篇- 』あらすじ


大きな戦いを終え、退屈な日常を過ごすダン(山下健二郎)、テッツ(佐藤寛太)、チハル(佐藤大樹)

青春を求めバイクであてのない旅に出た3人は、とある温泉街の旅館に行き着く。そこで出会ったのは、若女将・マリ(笛木優子)とその一人娘・メグミ(新井美羽)。女手一つで子育てしながら旅館を切り盛りするマリに淡い恋心を抱くチハルだが、マリと番頭の宮崎(駿河太郎)が惹かれ合っていることを知る。

2人の恋を応援することにしたDTC。仲間の縦笛兄弟(八木将康、天野浩成)に加え、偶然居合わせたSMG(廣瀬智紀、松田凌、西川俊介、西村一輝)、達磨ベイビーズ(水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴)たちも巻き込んで、宮崎のプロポーズ大作戦が幕を開ける!

DTCの3人にぴったりな、笑いあり、友情あり、人情ありの痛快なストーリーですね!本作ではDTCの3人や本編でもお馴染みの縦笛兄弟に加えて、White Rascalsの次世代メンバーSMG(世界名作劇場の略)、達磨一家の新参者達磨ベイビーズも登場!プロポーズ大作戦の結末はもちろんですが、DTC一行の間にチームの枠を超えた友情は芽生えるのかというのも気になるところです。

そしてなんと、本作はアクションなしの青春ロードムービー!『HiGH&LOW』シリーズといえば見ごたえあるド派手なアクションシーンが魅力ですが、アクションのない『HiGH&LOW』というのは新鮮かも?!迫力のアクションシーンをカットした『HiGH&LOW』ということで、ますますシナリオに期待が高まりますね!

【EXILE TRIBE総出演!】『HiGH&LOW』ってどんなお話?


かつて「ムゲン」という伝説のチームが地域一帯を支配していた。

圧倒的な勢力によって逆に統率が取れていたその一帯だが、とある勢力だけはムゲンに屈することなく渡り歩いていた。「雨宮兄弟」である。しかしとある事件をきっかけにムゲンは解散し、雨宮兄弟も姿を消した。

そして1年後、その地域に新たに5つのチームが頭角を現す。「山王街二代目喧嘩屋 山王連合会」、「誘惑の白い悪魔 White Rascals」、「漆黒の凶悪高校 鬼邪高校」、「無慈悲なる街の亡霊 RUDE BOYS」、「復讐の壊し屋一家 達磨一家」。その地域一帯を各チームの頭文字をとって「S.W.O.R.D.地区」とし、それぞれ干渉しないことで均衡を守っていた。

しかし鬼邪高校に属するチハルが山王連合会に助けを求めたことで均衡は崩れ始め、次第にSWORD地区全体で戦いの日々が幕を上げる——!

お話自体は硬派な王道ヤンキーものといったストーリー。これに超一流の演出や魅力的なキャラクターたち、役ぴったりな豪華キャスト陣に、ライブやコミカライズなどの公式からの供給も加わるとなると、エンタテインメント性は抜群ですよね!

登場人物の多い『HiGH&LOW』にはEXILE TRIBE以外の俳優さんも多数出演しているのですが、どのキャラクターもハマり役ばかり。White Rascalsの個性的な兵隊役にゴールデンボンバーの4人を起用したり、運動神経抜群の佐野岳さんをRUDE BOYSに迎えたりと、キャスティングが素晴らしい!他にもストーリーに重厚感を生むベテラン俳優さんや、注目の若手俳優さんが多数出演。EXILEファン以外の人も必見です!

EXILEといえばマッチョでイケイケなイメージが強いですが、キラキラ系アイドルや2次元のイケメンキャラクターのファンの中には苦手意識がある人も少なくないと思います。しかしそんな人にこそ『HiGH&LOW』を観ていただきたい。3代目JSoulBrothersを始めとした若手の方も多く加わって、ビジュアルもパフォーマンスもとにかくパワーアップ!特に『HiGH&LOW』のアツいストーリーと個性豊かな登場人物たちは、漫画ファンやアニメファンに刺さること請け合いです。

そして個人的に推したいのは、チームそれぞれのアクションシーンの違い。無駄の少ない正統派な山王連合、トリッキーで策略的なWhite Rascals、荒々しく勢いのある鬼邪高校、軽やかで連携の取れたRUDE BOYS、無秩序的で狂気を感じる達磨一家…と、それぞれのカラーが出ているのが素人目にもわかって面白いです。『HiGH&LOW』という作品において、アクションシーンに対する力の入れ様が感じられますよね。これからご覧になる方は、ぜひちょっと意識して観てみてください!

関連作品が多すぎてわからない?見る順番に迷った時のおすすめ!

「総合エンタテインメントプロジェクト」として製作された『HiGH&LOW』シリーズは、ドラマ、映画、音楽、漫画、ライブなど、様々なメディアで展開されているのが特徴。しかし、これから入ろうとしている人にとっては、どれから手を付けていいものか迷ってしまいますよね。

もちろんご自身が気になった媒体から入るのが一番のおすすめなのですが、ストーリーを順に追いたい、他の人の意見も聞いてみたい、といった人のために、私の個人的なおすすめの順番をご紹介しちゃいます!

  1.ドラマ HiGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.(Season1・2)

少しでも『HiGH&LOW』に興味を持った方に最初に触れてみてほしいのは、何といってもTVドラマシリーズ!!これがすべての始まりです。5つのギャングチームが取り仕切る通称SWORD地区におけるギャングたちの群像劇を、SWORDの一角を担う「山王連合会」にスポットを当てて描いています。

私は前知識ゼロ(出演者の皆さんのお顔もあまり知らない状態)でドラマから入りましたが、個性的なキャラクターたちと王道でアツすぎるストーリーに、一気に引き込まれてしまいました!HuluやdTVといった動画配信サイトでも視聴することができるので、まずは試しにぜひドラマシリーズを観てみてくださいね!


  2.映画 

ドラマの次は映画がおすすめ!『HiGH&LOW』シリーズの映画には、ドラマに続く本筋のストーリーと、本編からは少し離れたスピンオフ作品の2種類が存在しています。今回は本筋が先、スピンオフを後にご紹介していますが、公開順に沿って観るのもおすすめです!

■映画第1作目『HiGH&LOW THE MOVIE』
爆発的人気となった通称「ザム」こと『HiGH&LOW THE MOVIE』。ドラマシリーズでは抗争を繰り返していたSWORDが、強敵との決戦を前に結託するというアツすぎる展開!ドラマを観てきたファンにとっては乱闘シーンがとにかく胸熱でおすすめです!

■映画第3作目『HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY』
舞台は映画第1作目から数か月後。つかの間の平和を手にしたSWORDの面々に、ふたたび魔の手が忍び寄る。White Rascalsは、かつてより敵対していた悪質スカウト集団「DOUBT」との因縁に決着をつけるべく抗争に臨む。その時、SWORDは——?

■映画第4作目『HiGH&LOW THE MOVIE3/FINAL MISSION』
ついに本気でSWORDを潰しにかかった九龍グループとの最終決戦!圧倒的な力をもって”SWORD地区壊滅行動”を進める「極道(オトナ)」と、最後まであがく「ギャング達(ガキ)」の結末は——!?


  3.スピンオフ 

■映画第2作目『HiGH&LOW THE RED RAIN』
通称「レッレ」。ドラマでは「兄貴を探している」と言ってSWORD地区を奔走していた最強の兄弟「雨宮兄弟」の雅貴(TAKAHIRO)と広斗(登坂博臣)の二人ですが、今作ではその探していた長男・雨宮尊龍(斎藤工)がついに登場!雅貴と広斗の過去や3兄弟の絆も描かれていて、雨宮兄弟ファン必見の内容です!

『HiGH&LOW THE MIGHTY WARRIORS/story of MIGHTY WARRIORS』
音楽とファッションによる自由な理想郷を夢見る傭兵チーム「MIGHTY WARRIORS」。本編ではSWORDと敵対するポジションでしたが、SWORDとは一風違ったチームの雰囲気とその圧倒的な戦闘力は存在感抜群でしたよね。そんなMIGHTY WARRIORSのバックボーンが明らかになるストーリーとなっています。

『HiGH&LOW HISTORY OF KOHAKU』
SWORD台頭以前に一帯を取り仕切っていた伝説のチーム「ムゲン」。そのツートップの一人・琥珀(AKIRA)の視点で描かれるスペシャルムービーです。ムゲンはなぜ創られ、なぜ解散したのか?琥珀の過去とは?本編の背景となる超重要なストーリーです!

■映画第5作目『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』
そして最新作の『DTC』。ダン・テッツ・チハルの山王連合会ムードメーカー3人組を主人公に、いつもとはちょっと違った『HiGH&LOW』の世界を楽しむことができます。『DTC』はドラマも配信されているのでこちらも要チェックですよ!

  4.音楽 

ドラマや映画を楽しんだ人なら、次は音楽が気になってくるのではないでしょうか?EXILEグループが製作しているだけあって、『HiGH&LOW』にはアツい曲や中毒性の高い曲がかなり多いです。それぞれのチームの登場シーンや印象的なシーンに華を添えていて、どの曲も記憶に残りやすいですよね。本編を見て気に入った音楽があったら、サントラは買って損なしですよ!個人的には達磨一家のテーマ曲『VOICE OF RED feat.GS』がイチオシです。


そんな『HiGH&LOW』の楽曲たちを引っ提げたライブ『HiGH&LOW THE LIVE』は『HiGH&LOW』ファン必見です。パフォーマンスや演出が最高に格好良いのはもちろん、あのキャラクターが歌ってる!踊ってる!!という感動もあって、楽しめること間違いなしです!

  5.漫画

現在、『HiGH&LOW』には2種類のコミカライズが刊行されています。

1つ目は細川雅巳先生の『HiGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.』。こちらはドラマの正統コミカライズ作品で、『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)にて2015年11月号から2016年10月号まで掲載されていました。ゴリゴリに硬派な作風はヤンキー漫画ファンにはたまらないですよね!

2つ目はCLAMP先生の描く『HiGH&LOW g-sword』。こちらは細川先生の作品とは打って変わってデフォルメされたかわいいg-sword(SWORD地区のギャングたち)のゆるいコメディものになっています。抗争とはかけ離れた平和な世界できゃっきゃするギャングたちが尊い…!

そしてもう一つ、映画『DTC』の公開に合わせて、平本アキラ先生による「DTC」オリジナルアナザーストーリーも発表されています。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2018年9月26日発売号、10月3日発売号の2週間にわたって掲載されます。お見逃しなく!



まとめ

まさかこの3人がメインのスピンオフが製作されるとは!と驚いた人も少なくないのではないでしょうか?本編ではコメディ色の強いメンバーですが、『HiGH&LOW』のキャッチコピーといえば「全員主役」ダン・テッツ・チハルがどんな活躍を見せてくれるのか、公開が楽しみですね!

『ファイナル・ミッション』を終えてSWORDの物語はひと段落しましたが、まだまだ熱が冷めない『HiGH&LOW』。しっかりお金をかけて良いものを作りたい!という作り手の意気込みが感じられるようで、どの作品も胸を張っておすすめできます。個人的には次のスピンオフではRUDE BOYS及びスモーキーの過去篇をぜひ!映像化していただきたいです!!ドラマでは山王連合会をメインに据えていたので、White Rascalsや鬼邪高校、達磨一家などにスポットを当てたストーリーもいずれ製作されるかもしれませんね。

そんな『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』は、2018年9月28日(金)より全国の映画館で公開スタートです。3週間限定公開と短い期間での上映となっておりますので、公式サイトをチェックしてお見逃しのないようご注意くださいませ!

▲ページ上部へ