もったいない本舗 人気の本、漫画、映画、アニメ、音楽情報をお伝えします。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』あらすじ&豪華キャスト一覧!原作の魅力って?

【2018年8月17日公開】実写映画『銀魂』に早くも続編が登場しました!映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』のストーリーは?追加キャストは?など、映画『銀魂2』をより楽しむための情報をまとめました。さらに前作のおさらいと原作漫画の魅力も合わせてご紹介します!

パトカー

話題の実写映画『銀魂』に早くも続編が登場!

アツい侍魂とキレキレのギャグが魅力の『週刊少年ジャンプ』の人気作品、『銀魂』。2004年から連載されてきた原作漫画もいよいよクライマックスに差し掛かり、シリアスな展開の連続に手に汗握りながら見守っている人も少なくないはず。

そんな『銀魂』ですが、2017年には実写映画化されてこちらも話題になりました。何といっても豪華なキャスト陣!そして監督はヒットメイカー・福田雄一監督!ということで、『銀魂』ファンの人もそうでない人もかなり盛り上がりましたよね。原作者の空知英秋先生は、実写映画化に対し以下のようなコメントを寄せました。

メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから基本泥船。(中略)漫画の実写化はイメージと違うと叩かれるのが常ですが、もう今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じていますし、ここに集まってくれた方々はそういう覚悟もした上で、それでも泥船でもいいから銀魂に乗りたいと言ってくれた方々ですから、そんな人たちの作るまた別の形の銀魂ならコケてもいいから見てみたいな、見てもらってもいいかなと思ったのが実写化をうけた僕の率直な気持ちです。という事なので皆さん。わざわざ沈む船に乗り込んだ「現代」の「侍」達の姿を見て、笑うも結構、泣くのも結構。映画と一緒にその顛末もお楽しみあ~れ。
(集英社『週刊少年ジャンプ』2016年31号掲載)

さて、そんな実写映画『銀魂』に、なんとさっそく続編が登場!タイトルは『銀魂2 掟は破るためにこそある』。『銀魂』ファンなら、タイトルでピンときた人も多いかもしれませんね。今回の映画では真選組副長・土方十四郎を中心とした「真選組動乱篇」、そして「将ちゃん」こと将軍・徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」が描かれるようです!どちらも原作ファンに人気の高いエピソードですが、この二つのエピソードをミックスした実写映画『銀魂2』では、一体どのようなストーリーになっているのでしょうか?

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』詳細情報



公開日:2018年8月17日(金)
原作:『銀魂』空知英秋(集英社『週刊少年ジャンプ』掲載)
脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史
キャスト:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、佐藤二朗 他
主題歌:back number『大不正解』(ユニバーサル シグマ)
製作:映画『銀魂2』製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画

真選組動乱篇×将軍接待篇!『銀魂2』あらすじ


《『銀魂2 掟は破るためにこそある』あらすじ》
■真選組動乱篇(原作:第158訓~第168訓)
鍛冶屋で新たな刀を打ってもらった真選組副長・土方十四郎。しかしその刀を手にした時から、新たな人格・ヘタレアニメオタク「トッシー」が目覚め、やがてもとの土方の人格を飲み込み始めてしまう。

その一方で、真選組内では伊東鴨太郎と沖田総悟が手を組み、土方を謀略に陥れる。真選組を解雇された土方は、伊東の狙いが局長・近藤勲の抹殺であると勘付き、これを阻止するために「万事屋銀ちゃん」へ助けを求める。真選組は近藤派と伊東派に二分し、過激派攘夷志士「鬼兵隊」も絡んだ激しい動乱の結末は——!?

■将軍接待篇(原作:第128訓「運に身分は関係ない」)
警察庁長官・松平片栗虎に連れられ、スナック「すまいる」を訪れた江戸幕府のトップ・徳川茂茂。しかしその時ほとんどの従業員が風邪で倒れ、店に残っているのは新八の姉・志村妙一人だった。

どうにか将軍を接待するために「万事屋銀ちゃん」一行に依頼する妙。知り合いをかき集めて場を盛り上げる一行だが、王様ゲームを始めれば店は半壊、将軍はパンイチ。ついには将軍に最後に残されたブリーフさえも——!?

「銀魂史上もっともアツい」とも噂されるシリアスの金字塔・真選組動乱篇と、「将軍回は大体神回」との呼び声高いギャグの王道・将軍接待篇が一本の映画で観られるなんて、なんだかお得な気分ですね!

本予告PVには「真選組動乱篇」の超格好良い殺陣に「将軍接待篇」の銀時&新八の雑な女装、白目で鼻をほじる神楽、オタクスタイルの土方十四郎、「将軍かよォォォ!」の名言などなど、ファンが期待していたものがこれでもかと詰め込まれています。新たに加わったキャストの皆さんもかなりハマっていて、これは期待できそうです!

超豪華!映画『銀魂』キャスト一覧


人気作品の実写化といえば、どうしてもキャスト陣には注目が集まるもの。実写映画『銀魂』では、本当にこれ以上ないくらいの豪華メンバーが集結しています!そして実際に映画を観たファンからも、「実写には抵抗あったけど、このキャストならアリ!!」という人が続出。そんな実写『銀魂』の出演者を一気にご紹介します!
(※『銀魂2 掟は破るためにこそある』に出演確定しているキャストは赤字で記載)

  万事屋「銀ちゃん」

坂田銀時(さかた ぎんとき):小栗旬
志村新八(しむら しんぱち):菅田将暉
神楽(かぐら):橋本環奈

まずは言わずと知れた主人公3人組。こちらはもちろん小栗さん、菅田さん、橋本さんの3人が実写映画『銀魂』からの続投となります。銀時のトレードマークの銀髪と神楽のオレンジ髪は、小栗さんも橋本さんも地毛をブリーチして再現しているそう。撮影現場でも3人仲が良く笑顔が絶えないそうで、まさに「万事屋銀ちゃん」の3人ですよね!

  武装警察・真選組

近藤勲(こんどう いさお):中村勘九郎
土方十四郎(ひじかた とうしろう):柳楽優弥
沖田総悟(おきた そうご):吉沢亮
伊東鴨太郎(いとう かもたろう):三浦春馬
山崎退(やまざき さがる):戸塚純貴

今作のストーリー「真選組動乱篇」の中心となる真選組も、お馴染みのキャストが続投。『銀魂2』から新たに追加された三浦春馬さん演じる伊東鴨太郎は、局長・近藤勲からの信頼の厚い文武両道の人でありながら、土方十四郎を失墜させようと目論む重要人物です。一方鬼の副長・土方十四郎には、新たな人格“トッシー”が目覚める——!?

  徳川幕府

松平片栗虎(まつだいら かたくりこ):堤真一
徳川茂茂(とくがわ しげしげ):勝地涼
猿飛あやめ(さるとび あやめ):夏菜

こちらは3人とも『銀魂2』から初登場となるキャラクター。警察庁長官であり、将軍の後見人的な立場でもある松平片栗虎役を堤真一さん、真面目で人格者の将軍・徳川茂茂役を勝地涼さん、元幕府御庭番・現始末屋のくノ一・猿飛あやめ役を夏菜さんが演じます。原作ではそれぞれかなりキャラの濃い役どころですが、今作ではどこまで行ってしまうのでしょうか!?

  攘夷志士

高杉晋助(たかすぎ しんすけ):堂本剛
河上万斉(かわかみ ばんさい):窪田正孝
来島また子(きじま またこ):菜々緒
岡田似蔵(おかだ にぞう):新井浩文

桂小太郎(かつら こたろう):岡田将生
エリザベス:山田孝之

Kinki Kids堂本剛さんが演じるのは、「攘夷志士の中で最も危険な男」と称される過激派攘夷志士の筆頭・高杉晋助。河上、来島、岡田らは高杉の率いる「鬼兵隊」の同志です。桂も同じく攘夷志士ではありますが、高杉らとは思想が異なるため行動を別にし、相棒のエリザベスとともに侍たちや銀時を攘夷活動にスカウトしています。高杉と桂は、銀時にとってかつて恩師・吉田松陽のもとでともに学び、ともに戦った昔馴染みでもある因縁深い人物。この超豪華キャストも頷ける人気キャラクターです!

  その他のキャラクター

志村妙(しむら たえ):長澤まさみ
平賀源外(ひらが げんがい):ムロツヨシ
お登勢(おとせ):キムラ緑子
吉田松陽(よしだ しょうよう):山寺宏一
村田鉄子(むらた てつこ):早見あかり
村田鉄矢(むらた てつや):安田顕
沖田ミツバ(おきた みつば):北乃きい

???/武市変平太(たけち へんぺいた):佐藤二朗

新八の姉・志村妙役の長澤さんと発明家・平賀源外役のムロさんは、前作に続き今回も続投。今作から新たに参加したお登勢役のキムラ緑子さんも、かなり再現度が高いです!!罵倒やアクションにも挑戦とのことで、原作では銀時たちの保護者のような役割のお登勢さんが、実写映画でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね!

そして前作では高杉晋助率いる鬼兵隊の策略家・武市変平太役を演じた佐藤二朗さんは、今作ではまったく別の役どころで出演するそう。シブいサングラス姿は一体誰なのか!?映画公開が待ち遠しいです!

異例の大ヒット!実写映画『銀魂』おさらい

「漫画作品の実写化」というと、苦手意識がある人も少なくないですよね。特にキャラクターデザインが派手だったり必殺技などでCG演出が必須となったりする少年漫画は、実写化したときにどうしても違和感が出てしまい、映像化はなかなか難しいというのが現状です。『銀魂』も実写化が発表されたときには例にもれずファンから不安の声が上がりましたが、最終興行収入38.4億円、2017年実写邦画No.1ヒットと、異例の大成功を収めました。

《実写映画『銀魂』あらすじ》

宇宙からやってきた天人(あまんと)の台頭と廃刀令によって、侍の時代が終わりつつある江戸時代末期。かつて「白夜叉」と恐れられた侍・坂田銀時も、真剣から木刀に持ち替え、かぶき町に便利屋「万事屋銀ちゃん」をかまえて呑気に暮らしていた。

そんなある日、かつての同志である攘夷志士・桂小太郎が消息不明となり、過激派攘夷志士・高杉晋助は幕府転覆を企て挙兵したとの知らせが入った。事件の調査に出た万事屋の従業員・新八と神楽に危機が迫ったとき、大切な仲間と己の魂を守るため、銀時は再び剣を取る。高杉が引き起こした日本を揺るがす大事件の結末は?そしてかつての友・銀時と高杉の死闘の行方は——!?


『銀魂』史上初となる実写映画は、「紅桜(べにざくら)篇」と呼ばれるエピソードをもとに再構築したストーリー。『銀魂』の魅力である抱腹絶倒のギャグシーンと手に汗握る格好良いバトルシーンは、福田雄一監督によって完璧に再現!涙が出るほど笑わされたと思ったら、シリアスなバトルシーンに息をのみ、事件解決にほろりとしてしまう、このメリハリのあるストーリーがクセになっちゃいますよね!

そして前作『銀魂』と今作『銀魂2』のあいだには、実はもう一つのエピソードが。結婚の報告のために上京してきた沖田総悟の姉・沖田ミツバをめぐるちょっと切ないエピソード「ミツバ篇」がドラマ化され、dTVにて配信されています。「ミツバ篇」は作品屈指の人気キャラクター沖田総悟と土方十四郎の過去や、いつもと違う一面が垣間見れる人気エピソード。ミツバ役は北乃きいさんが演じています。

さらに、映画『銀魂2』公開に合わせ、ドラマ『銀魂2』の配信も決定しています!タイトルは『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』。前作とは打って変わって原作でも人気の「ギャグ回」3編を映像化するようです。

今作では、なんとアニメ『銀魂』のマダオ役でお馴染みの声優・立木文彦さんが実写版のマダオ役として参戦。公開されたビジュアルも違和感なくマダオで、当然ながら声も聴きなれたマダオボイス。マダオファンにはたまらないキャスティングですね!他にも主題歌は高杉晋助役・堂本剛さんのプロジェクト・ENDRECHERIが担当するなど、見どころ盛りだくさん。そんなドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』は8月18日よりdTVにて配信スタートです。映画に合わせてドラマ版『銀魂』もぜひチェックしてみてくださいね!

【原作だって負けてない!!】『銀魂』の魅力に迫る

《漫画『銀魂』あらすじ》

舞台は江戸末期…に宇宙から天人(あまんと)たちが侵略してきた、SFと時代劇が入り混じったパラレルワールドの世界

銀髪天パのぐうたら侍・坂田銀時と、ツッコミ眼鏡・志村新八、毒舌チャイナ娘・神楽の3人が営むかぶき町の便利屋「万事屋銀ちゃん」が、飼い犬探しから命懸けの戦いまで、どんな依頼も愉快に解決!


2004年より『週刊少年ジャンプ』にて連載スタートした『銀魂』。ジャンプ作品としては異例の「死んだ魚の目」をした主人公に、ギリギリを攻めたギャグとアツいストーリーのギャップ、そして何より作者の空知英秋先生の秀逸なワードセンスがじわじわと話題となり、現在では単行本の国内累計発行部数が5000万部を超える大人気作品となりました。

『銀魂』の魅力といえば、なんといっても独特の世界観!江戸時代末期×SFという特殊な設定のおかげで、侍がコンビニでアルバイトしたり、将軍がキャバクラに行ったり、飛空艇で宇宙人とバトルしたりと、他の作品ではまず見ることがないようなシーンが盛りだくさんです。さらに、魅力的なキャラが多いというのも外せませんよね。主人公の銀さんはいつもはぐうたらしていてゲスな言動も多いですが、決めるときはバッチリ決めてくれるのが格好良い!真選組や攘夷志士たちにも個性的なキャラクターが多くて、画面がにぎやかなのが読んでいて楽しいですよね。もちろん、シリアスなシーンでさえも挟まれるジャンプ掲載作品らしからぬギリギリのギャグも魅力です!

そんな『銀魂』には、「○○篇」と呼ばれる中長編のエピソードが多数存在。映画やドラマで人気エピソードが続々と実写映像化されていますが、『銀魂』には面白いエピソードがまだまだたくさんあります。皆さんはお気に入りのエピソードはありますか?

私が個人的に実写映画で観てみたいのは、「星海坊主(うみぼうず)篇」「吉原炎上篇」。どちらも神楽の兄・神威(かむい)が活躍するエピソードなのですが、神楽と神威は「夜兎(やと)」という戦闘に特化した種族の天人なので、バトルシーンがとにかくド派手!!映像映えすること間違いなしなので、いずれくる…かもしれない『銀魂3(仮)』に期待です!

まとめ

原作者の空知英秋先生は漫画だけでなくインタビューへのコメントや読者の質問への返答なども面白いことで有名ですが、『銀魂2』の公開にあたってこんなコメントを寄せて話題になりました。

爆死確実と言われた超豪華俳優無駄遣いB級コスプレ映画、前作銀魂が予想を覆しまずまずのヒットを遂げられたのは、ひとえにコスプレを許してくれた生ぬるいファンの皆様の寛大な心、今飛ぶ鳥を落とす勢いというか、その鳥と同じ勢いで過労死一直線の福田監督、そして飛ぶ山田優をオトした小栗君の頑張りのおかげです。3%くらいは。残る97%はほぼほぼ水分、そして僕の原作の力と堂本剛の力、俺達二人合わせてGinki Kidsの力だったワケですが、そのへん勘違いしてもう一発当てちゃおう的な雰囲気になっている大人達がちゃんちゃらおかしくて、次こそ爆死だねって剛と二人で笑ってます。光一も寿司握りながら笑ってました。
そんな、みんなを笑顔にする映画銀魂がいよいよ劇場に帰ってくるぞ。
みんな、じっちゃんの名にかけて絶対観に来てくれよな。来ないとお前を握ってやる!!
(映画『銀魂2』公式サイト 原作者・空知英秋先生コメント)

相変わらず空知先生ワールド全開ですね!(笑)

そんな映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は2018年8月17日より全国の映画館で公開スタートです。今年の夏を「宇宙一バカな夏」にしたい皆さん!!ぜひ劇場に足を運んでみてくださいね!

▲ページ上部へ