もったいない本舗 人気の本、漫画、映画、アニメ、音楽情報をお伝えします。

漫画『スラムダンク』の名シーン集めました!感動の名言&名場面集

スポーツ漫画の金字塔『SLAM DUNK(スラムダンク)』を振り返ろう!泣ける漫画としても有名なスラムダンクの名場面&名セリフをまとめてみました。感動するのは山王戦だけじゃない?!試合別であの名シーンをご紹介します。一部ネタバレありなので未読の方はご注意ください。

スラムダンク完全版

日本を代表するスポーツ漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』

1990年代のジャンプ黄金期を築き上げた漫画、『SLAM DUNK(スラムダンク)』。もはや知らない人はいないと言っても過言ではないくらい有名ですよね。

単行本(第21~23巻)の初版発行部数は(当時としては)最高記録をたたき出し、累計発行部数も1億2000万部を超える大ヒット。連載が終了してからも人気は衰えず、海外でも高い人気を誇っていて今でもファンは増え続けています。この漫画をきっかけにバスケットボールを始めた人も多いのではないでしょうか。

バスケットボールの漫画=『SLAM DUNK(スラムダンク)』と人々に深く根付き、連載終了以後もスポーツ題材(特にバスケットボール)の漫画を描こうものなら必ずと言っていい程『SLAM DUNK(スラムダンク)』と比較されてしまいます。それぐらい本作品は、スポーツ漫画界での存在が大きく、いまだにこの作品を超えるスポーツ漫画が無いという声すら聞こえてきます。

そして、特に1980年代~1990年代生まれの人達にとっては忘れられない青春時代の漫画であり、最終回から20年以上たった今でも、続編を期待する人は多数。もしかしたら連載再開!ということもありえるかもしれませんよね。それでは、その“もしかしたら”の時の為にもこの作品の登場人物や名シーンを、一度振り返ってみましょう!

※以降の文章にはネタバレを含みますのでご注意ください。

<登場人物>
桜木花道
(さくらぎ はなみち)
桜木花道

主人公。赤い髪が特徴的。バスケ初心者だったが天性の身体能力でめきめきと頭角をあらわす。リバウンドに関しては天才的と称される。生意気でお調子者だが心優しい一面もある。

赤木剛憲
(あかぎ たけのり)
赤木剛憲

湘北バスケ部キャプテンで、あだ名は「ゴリ」。“ゴリラダンク”や“ハエタタキ”と呼ばれる豪快なプレーでチームを牽引する。とにかくバスケが好きでストイック。

流川楓
(るかわ かえで)
流川楓

主人公・花道とはまさしく犬猿の仲。オフェンスが得意だがスタミナ不足が弱点。趣味は寝ることで、バスケ以外の時間は寝ていると言っても過言ではない。

宮城リョータ
(みやぎ リョータ)
宮城リョータ

湘北バスケ部で一番のスピードプレイヤー。小柄だが、持ち前のジャンプ力で多少の身長差ならもろともしない。バスケ部員では一番花道と仲が良い。

三井寿
(みつい ひさし)
三井寿

あだ名は「ミッチー」。中学のときから活躍する天才的なスリーポイントシューター。一度はケガで挫折して不良になるが更生し、バスケ部に復帰する。

赤木晴子
(あかぎ はるこ)
赤木晴子

この作品のヒロイン。赤木剛憲の妹。兄の引退後には彩子に誘われてマネージャーとなる。花道が想いを寄せる人物。

安西光義
(あんざい みつよし)
安西光義

湘北バスケ部の監督。大学で監督をしていた時は鬼監督で有名だった。現在は以前の姿からは想像できない穏やかな風貌と物言いで「白髪仏(ホワイトヘアーブッダ)」と親しまれている。名セリフが多い。



【試合別の名シーン①】VS 陵南高校(練習試合)


  名シーン掲載巻>>完全版3巻~5巻


 桜木のフンフンディフェンス

完全版1巻での赤木との対決で見せた「フンフンディフェンス」を初めて試合で実践したのがこの陵南高校との練習試合!前半は出番なし、後半ケガをした赤木の代わりに出場するも緊張でトラベリングなどの初歩的なミスを連発していた桜木でしたが、このディフェンスによって相手チームにも強烈なインパクトを与えました。


 流川による桜木へのパス

普段はお互いにパスを送り合うことはほぼないほど犬猿の仲である桜木&流川。2人のパスといえば、『スラムダンク』のラストゲーム・山王戦のクライマックスシーンが最も印象的ですが、その前に(勘違いによるミスとはいえ)流川が花道にパスを渡すシーンがこの試合にもあるんです。流川のパスにより、この後すぐ桜木がレイアップを華麗にきめ、見事点数が逆転して試合は大盛り上がり!桜木が今後湘北の主力となる可能性を示唆するシーンでもあります。


【試合別の名シーン②】VS 翔陽高校(インターハイ予選)


  名シーン掲載巻>>完全版8巻~9巻


 体力の限界がきている三井の3Pシュート

中学ではMVPを取るほどのスーパースターだった三井もブランクのせいでかなり体力が落ちており、試合の後半ではバテてヘトヘトに。しかし、そんな状態からでも精度の高い3Pシュートは健在!ゴールをきめる前に入ることを確信して自らの手をグッと上げる仕草もカッコいい!このポーズこそ、ミッチーの代名詞です。


 流川の「らしくねーんじゃねーのか」

インターハイ予選の別の試合で、5ファウル&退場ばかりしていた桜木。翔陽戦でもファウルを連発してしまい、残り1つで退場してしまう崖っぷちに立たされて思わず縮こまったプレーに。そんな桜木に檄を飛ばし、やる気を引き出したのが流川でした。この一言で花道の目が覚めて本来の力を発揮するきっかけになります。


 桜木の公式戦での初ダンク(未遂)

ゴールに頭をぶつけたり、相手選手の頭に叩きつけたり、となかなか実践でダンクが決まらなかった桜木ですが、この試合で初めてキレイなダンクをきめることに成功!しかし、このダンクにより5ファウルを取られ敢えなく退場に。もちろんダンクの点数もノーカウントになりますが、会場は大歓声に包まれ周囲は彼を称賛していました。


 試合後のロッカールームで寝ている5人

翔陽との激しい戦いの末、白熱の一戦で体力も気力も使い尽くしたメインスタメンの赤木・三井・宮城・流川・桜木の5人はロッカールームで爆睡。流川以外の3人が赤木にもたれかかっている微笑ましいシーンです。寝方にもそれぞれの個性が出ていて、ファンにとってもたまりません。このイラストカットはポスターなどでも見かける名シーンですね。


【試合別の名シーン③】VS 海南大付属高校(インターハイ予選・決勝リーグ)


  名シーン掲載巻>>完全版9巻~12巻


 赤木の「いいからテーピングだ!!」

試合の前半、予期せぬケガを負ってしまった赤木。左足首がパンパンに腫れてしまい、マネージャーの彩子が試合に出ずに精密検査をすることを説得するのですが…。3年生ということで高校最後のインターハイのチャンス、1年の頃から夢見ていた海南との戦い、そんな想いが相まってどうしても試合に出たいという気持ちを感情的にぶつける一幕です。


 桜木の公式戦での初ダンク

シュート練習をしていたとはいえ、まだゴール下ではダンクかレイアップしかできない桜木は試合中も海南選手に何度もシュートを阻まれてしまいます。それでも後半終了間際、宮城による見事なプレーでゴール下にいる桜木にボールが!フェイクを入れて相手選手のディフェンスを抜き、見事にダンクをきめることに成功します。スタミナ切れでベンチに下がっていた流川も思わず「ぶちかませ!!」と叫んでいるのも印象的です。


 桜木のパスミス

試合終了直前、逆転のチャンスはありながらも花道のフリースロー、三井の3Pシュートもことごとく外してしまいますが、花道は決死の想いでリバウンドをもぎ取ります。その直後に赤木にパスを送って得点を…という大事なときに、まさかのパスミス。切羽詰まっていた場面とはいえ、痛恨のミスでした。


 試合終了後の桜木の男泣き

試合終了後、自分のミスを責めて涙を流す桜木の頭をつかみ、「インターハイ予選の決勝リーグはまだ終わっていない」という言葉を赤木がなげかけます。後ろから声をかけているにも関わらず、花道の泣き顔を見ずに「泣くな」と言っている姿に見ているこっちが泣けてきそうです…!


【試合別の名シーン④】VS 陵南高校(インターハイ予選・決勝リーグ)


  名シーン掲載巻>>完全版14巻~16巻


 赤木に頭突きをする桜木

安西先生が不在の中、湘北の大黒柱である赤木がしっかりしないといけないのにも関わらず、赤木らしくないプレーが続き不安に思った選手たちがタイムアウトをとります。そんな中、桜木がおもむろに赤木に頭突きをします。「目ェ覚めただろうゴリ?」という桜木のあっけらかんとした発言も赤木の目を覚まされたきっかけになりました。


 試合から離脱した三井「なぜオレはあんなムダな時間を…」

体力不足により試合中に倒れてしまった三井。水分不足による脳貧血でしたが、もう試合に戻ることはできない状態になり、裏でポカリを飲みながら思わず涙を流します。あのブランクがなければ…と自分自身の行いを後悔する三井の姿から、彼のバスケへの愛を感じる場面です。


 小暮(メガネくん)の3Pシュート

三井の離脱により途中出場したメガネくんこと小暮による土壇場での3Pシュート!赤木と一緒に3年間頑張ってきた努力がこの1発のシュートに込められていました。相手校の田岡監督も「あいつも3年間がんばってきた男なんだ。侮ってはいけなかった」と自分の戦術ミスを認め、湘北の勝利へと近づけた見事なプレーです。その後の桜木による「メガネくん 引退がのびたな」のセリフもジーンときます。


 試合終了後の赤木の男泣き

海南戦では自分の痛恨のミスを悔しがり、男泣きをしていた桜木に対して赤木が後ろから声をかけていました。今回はその逆で、綾南戦が終わった直後にコートに立ち尽くしている赤木に対して桜木が後ろから近づき、肩を組みます。「さあ 整列だ」「おう…」と言葉を交わしつつ、泣いている赤木に寄り添う桜木…立場が逆転している憎い演出です!


【試合別の名シーン⑤】VS 豊玉高校(インターハイ)


  名シーン掲載巻>>完全版18巻~19巻


 安西先生がベンチで桜木へアドバイス

「高校生のうちには到底 彼に追いつけないよ」

夏の個人特訓で桜木が練習していたシュートを理想のフォームで打つ流川を見て悔しさがこみ上げる桜木。さらに安西先生は追い打ちをかけるように「彼のプレイをよく見て…盗めるだけ盗みなさい。そして彼の3倍練習する。そうしないと…」と、流川との実力の差を冷静に桜木に諭します。桜木への今後の期待を込めて、安西先生は今後の具体的な目標を的確に教えたのかもしれませんね。


 片目を負傷した流川がシュートを決める瞬間

バスケとはゴールとの遠近感が重要なスポーツなため、片目が見えない状態だと非常にシュートが打ちづらいのが常識ですが、流川は自分の目を頼るのではなく体の感覚を頼ることに。片目が見えないはずなのにキレイなシュートをきめる流川に周囲も驚きますが、「何百万本もうってきたシュートだ」と飄々と言っているところが、さすが湘北のエースです。


 【試合別の名シーン⑥】VS 山王高校(インターハイ)


  名シーン掲載巻>>完全版20~24巻


 試合開幕直後の桜木と宮城のアリウープ

強豪校・山王戦との試合が始まり、安西先生の指示で桜木と宮城によるある一つの奇襲作戦が言い渡されました。独特な顔の表情で合図をし合う2人。読者も何が起こるのかわからずワクワク読み進めていくと…なんとその作戦とは強烈なアリウープ!このシーンを目撃したすべての人が驚く展開でした。


 彩子がリョータの手に「NO.1ガード」と書く

試合の後半、山王の執拗な守りにまったく対応できない湘北に、安西先生が攻めの作戦をメンバーに言い渡します。そこでボール運びの「切り込み隊長」として指名するのがポイントガードの宮城。そこで期待されていることを察した宮城でしたが、どうすべきなのか悩んでいるところに想いを寄せる彩子が近づいてきて、手の平にメッセージを!宮城の心中を思うと、ニヤニヤせずにはいられません。


 流川と桜木の衝突シーン

1on1の勝負で山王・沢北に苦戦していた流川でしたが、チームの仲間へのパスという選択肢を相手に見せることによって今度は沢北を抜くことに成功!…するのですが、沢北を抜いた直後流川は進行方向にいた桜木と正面衝突。せっかくのチャンスを棒に振ります。自分に非があることを認め落ち込む桜木でしたが、「おめーのヘマはもともと計算に入れてる……つっただろ ど素人」と流川なりの挑発とフォローを入れます。なんて珍しい…!しかし、桜木はその言葉に怒り心頭。不器用な2人ならではのやりとりです。


 疲労困憊で決めた三井の3Pシュート&心の声

スタミナ不足が一番の欠点である三井は、案の定山王戦の途中でフラフラに。相手選手にも「あいつはもう限界だ」と思わせるほど苦しそうな表情を浮かべていました。しかし、その直後に流川からのパスを受けた三井はキレイな弧を描くような3Pシュートを放ち、見事に得点をきめます。ゴールネットを揺らす音を聞いて「静かにしろい この音が……オレを甦らせる。何度でもよ」という言葉から、底知れぬ精神力でプレーしているのがわかります。


 桜木の成長を感じる赤木の心の声
「晴子……お前が見つけてきた変な男は…」

バスケ素人な上にワガママな問題児だった桜木に今までずっと手を焼いていた赤木でしたが、山王戦では主力として試合の流れを作るまでの存在に成長をしたことを実感。「湘北に必要な男になったぞ……」と心の中でつぶやいていました。今では桜木が湘北になくてはならない存在になったことを認めた瞬間ですね。


 「左手は添えるだけ」と言った桜木への流川のパス

試合終了まで数秒、というクライマックスのシーン。流川が初めて桜木のプレーを信用し、パスを渡したのがこの場面です。桜木が待ち構えていたのは桜木が特訓で一番シュート成功率が高かった右45度、というのも泣かせてくれます。この残り数秒の試合展開は、セリフが一切なくイラストだけで繰り広げられているニクイ演出になっています。一度読んでしまうと、ラストまできっと目が離せません。


 最終得点後の桜木と流川のタッチ

言わずと知れた『スラムダンク』最大の名シーンといえば、コレでしょう!以前はちょっと手が触れただけでも「手が腐る!」などと騒いだり、ゴシゴシと手を拭いたりするほど険悪だった2人が初めて喜びを分かち合った瞬間です。ハッと我に返ってすぐにそっぽを向く2人ですが、彼らの歩みを読み続けてきた読者にとっては究極の感動シーンです。通常版ではなく完全版では見開きカラーで描かれているので、その迫力と熱気に思わず鳥肌が立っちゃうかも!?ぜひ、そのシーンはその目で確かめてみてください。


試合じゃなくても隠れた名セリフ・名言がいっぱい!

バスケットボール

男同士のプライドがぶつかり合う勝負の世界で名言が多く生まれるのは納得ですが、実は試合中以外にも名セリフや名言があふれています。作中に出てくる言葉は漫画の中だけではなく、自分の人生の色々な場面で勇気づけてくれること間違いなし。さまざまな名シーンと共に生まれた名言で危機を乗り越えた人も少なくないのではないでしょうか。

ここではご紹介しきれないほどたくさんありますが、その中でも特にインパクトが強いものや多くの人が共感できるというものをいくつかご紹介します。

「何人たりともオレの眠りを妨げる奴は許さん」
 BY流川 楓

バスケをしている時以外は寝ていることが多い男・流川楓。最初の登場時にも屋上で寝ているところを起こされ、このセリフを言い放っていました。寝ることへの執念がスゴイですね…!


「リバウンドを制する者は試合を制する」
 BY赤木 剛憲

桜木のリバウンド力を高めるきっかけになったのも赤木の特訓とこの言葉があったからこそ。たくさんの得点をきめた方が試合に有利になる、という考えが覆った人も多いのでは。


「あきらめたらそこで試合終了だよ」
 BY安西 光義

説明不要!スラムダンクの名言といえば、この言葉を思い出す人が大半なはず。どんな人でも、どんな場面でも、この言葉には勇気付けられます。


「バスケがしたいです……」
 BY三井 寿

暴力事件を起こした直後に泣きながら心の叫びを訴えたミッチーこと三井の名言。あのくしゃくしゃな泣き顔と一緒にこの言葉も思い出されます。


「骨が折れてもいい…歩けなくなってもいい…!! やっとつかんだチャンスなんだ…!!」
 BY赤木 剛憲

名シーンでも紹介した「いいからテーピングだ!!」の直後に漏らした名セリフ。海南戦でケガをしてしまった赤木の強い想いが垣間見えた瞬間です。


「とりあえず…君は日本一の高校生になりなさい。」
 BY安西 光義

もっとバスケでの実力をつけたい一心でアメリカ行きを安西先生に相談する流川が、反対された直後に言われたこの言葉。重みがあります…!


「お前のためにチームがあるんじゃねぇ。チームの為にお前がいるんだ!!」
 BY安西 光義

またまた、安西先生の名言。かつての教え子にかけた言葉ですが、チームプレイが大切なスポーツをしている人なら、だれもがドキッ!とする発言なのではないでしょうか。


「大好きです。今度は嘘じゃないっす」
 BY 桜木 花道

試合でケガを負って意識が朦朧とする中、今までのバスケ人生を振り返る桜木。バスケを始めるきっかけになった「バスケットはお好きですか?」という晴子の言葉が頭に浮かび、思わずこの言葉を伝えますが…一瞬、誰もが告白かと思ったはず。


漫画もいいけどアニメもいい!最終回のその後を描いた●●も

本作品は原作が人気を集め、その後アニメやゲームも制作されました。なかには、アニメを見ておもしろかったから、漫画を読んだという人もいるのではないでしょうか。歴代のオープニングやエンディングの主題歌も名曲ばかりで、数十年経った今聞いても胸が熱くなりますよね。アニメは原作に忠実と言われていますが、ラストはインターハイ前のオリジナルストーリーで終わっているなど、アニメにはオリジナルシーンが追加されていたり、オリジナルキャラが登場するなど、漫画にはない良さがあるんです!


また、原作漫画の累計発行部数が1億冊を突破した記念に、2004年12月にあるスラムダンクのイベントが開催されたのはご存知ですか?ファンの間では「まさに幻の続編!」「真の最終回はコレ!」とかなり評判になりました。そのイベントとは、旧神奈川県立三崎高等学校の黒板に作者である井上雄彦さん自らが漫画のその後をチョークで描いて公開するという斬新な試み、その名も「スラムダンク一億冊感謝記念・ファイナルイベント」。連載終了から約8年も経過していたのにも関わらず、たくさんのファンが訪れたといいます。

しかし、たった3日間限定で行われたイベントということだけあって、その場に行けなかったファンも多く、「もう一度公開してほしい!」という数多くのリクエストが殺到!惜しくも見逃してしまったファンのために、雑誌での企画や記念ブックも発売されました。スラムダンクファンの人で、まだこの作品を見たことがない人はぜひ「スラムダンク、あれから10日後」の本もゲットして読んでみてください。

何度も読み返したくなるスポーツ漫画の決定版!この名作をご自宅に

スラムダンク全巻セット

スラムダンクの名シーン、いかがだったでしょうか?

過去に漫画やアニメを見たことがあった人でも「そうそう、こんなシーンがあった!」と思い出し、また再び読み返したくなったはずです。少年誌で連載されていた『SLAM DUNK(スラムダンク)』ですが、男女年齢を問わず幅広い層の人が夢中になれるほどの魅力が、この漫画には詰まっています。

主人公の成長や仲間との熱いストーリー、物語を盛り上げる個性豊かなキャラクター。魅力を数えればキリがないですが、チームスポーツをする人はもちろん、そうでない人でも共感できることが多く、ハマること間違いなし。限界を超えて努力する姿や、信念を持ってまっすぐ突き進む姿はとても格好良いですよね。作中に出てくる数々の名言は、自分が悩んでいるときや行き詰ったときにはきっと背中を押してくれるはずです!

今も色あせない名作『SLAM DUNK(スラムダンク)』。涙なしでは読めない感動的なシーンも、思わず吹き出してしまうようなユーモアあふれるシーンも、絶妙にミックスされていて、気が付けば寝る間も惜しんで一気に読んでしまった…!という人も多くいるのではないでしょうか。まだ読んだことがない、また一から読み直したいという人はぜひ、全巻セットを大人買いすることをおすすめします!

▲ページ上部へ